SBIホールディングス様

SBIグループはインターネットを最大限に活用し、SBI証券や住信SBIネット銀行、SBI損保、SBI生命保険など、金融商品や関連するサービス・情報の提供等を行う「金融サービス事業」を提供している企業です。さらに、「アセットマネジメント事業」、「バイオ関連事業」を加えた3つの主要事業を展開しています。

Point

A/Bテストツールの効果を最大限に活かし成果として反映させたい

VWOは、機能が豊富で低コスト

即日対応のサポートでタイムラグがない

A/Bテストのノウハウを共有できるセミナーを実施

大規模なA/Bテストを実施していない中で大きな成果を生み出した

VWOがさらにメジャーなA/Bテストツールになることを望む


A/Bテストツールの効果を最大限に活かし成果 として反映させたい

-A/Bテストの導入経緯を教えてください

当社は各事業を展開するうえで、インターネットが大きなチャ ネルとなっています。 真の顧客中心主義を実現するため、現在はリアルチャネルでの 展開も積極的に行っていますが、お客様に低コストで利便性の 高い金融サービスを提供していくには、やはりインターネット が不可欠です。

インターネット、つまり当社Webサイトで重要視している指標 のひとつがコンバージョンです。コンバージョン数、コ ンバー ジョン率を向上させるにはLPO対策が必須であり、もっとも成 果を期待できるのはA/Bテストツールを使ったサイ ト改善とい う認識がありました。17のグループ会社がそれぞれ個別にLPO 対策のツールとしてA/Bテストツールを導入し ていたり、或い はしていなかったりとバラバラな状況でした。

そこでA/Bテストツールの効果を最大限に活かし成果として反 映させ、「全社でノウハウを共有」「導入コストを削減」 する ため、利用するA/Bテストツールを1つに絞り、全社的に導入す る検討に入りました。具体的なVWOの導入経緯は 以下のようになります。

『導入までの経緯』

sbi_24

-VWO導入の前後では、どのように変わりましたか

VWOの検証および導入は社長室が行い、一括管理しています。 詳しくは以下の図の通りです。

sbi_34


VWOは機能が豊富で低コスト

※現在、プランによってサポート回数が変わります

-VWOを選んだ理由を教えてください。

【機能が豊富】

ユーザーがページ内のどの部分をもっとも読み込んでいるかが 分かるヒートマップなど、VWOにはこちらが欲する機能 がほぼ網羅されていました。 別途、ほかのツールを導入をする必要がないと感じました。

【1ライセンスで使える/低コスト】

1ライセンスを取得すれば、17のグループ会社すべてで利用で きるとVWO Japanからアナウンスがありました。テスト可能ド メイン数、サブアカウント数、登録ユーザー数すべてに制限が ないため、上記図のような大規模なA/Bテスト体制 を1ライセ ンスで整えることができます。これは大幅なコスト削減になる と考えました。

【コーディングの知識が不要】

HTMLやCSSの知識が不要をうたうA/Bテストツールはほかに もありましたが、VWOはコーダーではない私たちでも直感的に 操作することができました。

【サポートが無料】

電話・メールによるサポートに期間などの制限がなく、無料で 利用できると聞きました。


即日対応のサポートでタイムラグがない

実際にVWOを使用してみて、さらに以下の点を評価しています。

-VWOを導入し約半年が経過しましたが、実際に使 用した感想をお聞かせください。

【管理画面が見やすい】

私たちはグループ内全社のテスト状況を管理画面でチェックして いますが、これがとても見やすい。「どこがどんなテストを行っ たのか」が管理画面からすぐに分かります。

 


【サポートのレスポンスが素早い】

こちらが分からないところを聞きたいとき、ベンダーのサポート 体制が整ってない場合は数日テストができない機会損失が発生し てしまいますが、VWO Japanは原則的に即日対応。タイムラグ がありません。

【個別のコンサルティングを実施】

VWOをより深く使いたい場合は、個別のコンサルティング(1社 1回は無料)を行っていただいています。さらに、月1回のペース でセミナーも開催。全社的にVWOとA/Bテストの理解力が向上し ました。


A/Bテストのノウハウが共有できるセミナーを実施

-セミナーとはどういったものでしょうか?

ツールのことを知ることよりも、A/Bテストへの取り組みの重要 性を各社の担当者に認識してもらうため、私たちからVWO Jap an にセミナーを要望しました。セミナーは各社の担当者(2~3人 程度)が参加し、具体的な事例 を交えながら、VWO Japanが培 ってきたA/Bテストのノウハウを 共有することを目的にしていま す。社長室にとってもセミナーで得た情報は大変貴重で、各社 へのテスト提案に役立っています。

2

セミナーの具体的な内容は以下の通りです。

sbi2_29


大規模なA/Bテストを実施していない中で 大きな効果を生み出した

-VWO導入の効果はありましたか。

これまで、全体で約70件のABテストを実施しました。その中の 一部の企業において、VWOの管理画面から出てきた数 値を年率 に換算した結果、売上貢献額で約4000万円の効果があると算出さ れました。 実はそれほど大規模なABテストは実施していません。そうした 中で大きな効果が出ましたので、2016年度は全社的に本格的な 運用を考えています。

3

-本格導入というお話でしたが、どういった使い方を お考えですか

ひとつはA/Bテストを行うユーザーをセグメントすることです。 これまでは流入元(リスティング/オーガニック検索など)を問わ ず、サイト訪問者すべてがテスト対象でしたが、セグメントす ればユーザーの動向をより詳細に把握することができます。 そのためには、ある一定の期間、A/Bテストのユーザー数を確保 しなければなりませんが、大規模なサイトなら可能です。

もうひとつは出口の動向です。VWOはユーザーをパラメータ単位 で計測できますので、A/Bテストを終えたユーザーの次の動向を チェックすることができます。それらを大手検索サイトの分析ツ ールなどと連携すれば、より詳細な分析することが可能になりま す。


VWOがさらにメジャーなA/Bテストツールに なることを望む

-ABテストツール導入を検討している企業に向けて 「先輩ユーザーからのアドバイス」などあればお聞 かせください。

私たちSBIグループは商品やサービスを自信を持って提供してい ます。もっと大勢の方々に私たちの商品やサービスを 知っても らい、利用あるいは購入していただくためには、こうしたVWO のようなABテストツールは必須となってきま す。

私たちはVWOのユーザーが増えて、VWOの大きなネットワーク ができ上がってくれれば有難い。そうすれば、規模の メリットで 多大な情報を共有することができます。私たちは、VWOがさら にメジャーなA/Bテストツールになることを 望んでいます。 VWO Japanからはセミナーをパッケージ化する話を伺っていま す。セミナーはVWOの使い方だけでなく、より効果的 なA/Bテ ストの実行方法が分かるのでお勧めできます。

-VWO Japanへの今後の期待をお聞かせください。

私たちSBIグループは、日本だけでなく「世界のSBI」として注 目されるまでとなりました。今後はグローバル企業とし てさら なる成長を目指し、顧客中心主義を貫きながら、より革新的なサ ービスとビジネスの創出に努めていく所存で す。VWO Japanに はVWOの訴求を通じて後方支援していただくことを希望します。 今後ともよろしくお願いします。

 

その他の実績

  • case-logo
  • case-logo
  • case-logo
  • case-logo
  • case-logo
  • case-logo